上手くいく頑張りかたを知ろう! 「売れない」から「売れる」にシフトして、売り上げ100万の安定ビジネスの構築をサポート!!!

目標と目的のどちらが大切?

京香の吹き出し画像
Kyouka
意外とあまり考えたことないと思うんだけど、目標と目的の違いをちゃんと説明できる?

2019年の半分がもう過ぎようとしています

パソコンと観葉植物

いつも1年なんてあっという間だと思うんだけど、2019年も気が付けばもうすぐ半分が過ぎようとしています。
年のはじめに、1年の目標を立てた人も多いはずですよね?

さて、もうすぐ折り返し地点です。
1年の始まりに立てた目標には、ちゃんと順調に進めていますか?


間違った目標の立て方

素材を選んでいるイメージ

ここで、そもそもの目標の立て方について確認したいと思います。意外に間違った目標の立て方をしている人って多いんですよ。

たとえば、

『今年こそ勤めている会社をやめる』

『今年はちゃんと稼げるようになる』

『私らしくマイペースでも頑張る』

こんな感じの目標を立てたりしていませんか?

もしそうなら、それは目標というよりは目的だったりするかもしれません。

普通、「目的を立てる!」とは言いませんよね^^

目的と目標の違い

花束

目的も目標も、目指すという意味においては同じですが、目的は行先のことを言い、目標はその過程の目印の意味合いがあるんです。

成功している人は、この目的と目標をきちっと区別出来ていて、その上で設定することが出来ている人が多いんです。

目的とは?
目的は見たいものであり、ひとつ
目指したいゴールであって抽象的なもの
目的を目指すためにいくつもの目標(目印)がある
目的を達成するならいくつかの目標を達成していく必要がある
目標とは?
目的を達成するための目印
目指すべき行動やその道筋を示したもの
クリアする目標はひとつとは限らないし途中で目的に向かう道筋が枝分かれする事も変更もありうる。
具体的なもの

どうですか?
あなたの立てたものはちゃんと目標になっていますか?

あなたの目的は?

海に女性が浮かんでいる

では、あなたの目的ってなんでしょうか?
その目的に沿った目標を立てられていますか?

例えば、目的が、「自分でしっかりと稼げるようになりたい」だったとします。しっかりと稼げるようになる為に、自分はどんな道筋で行こうときめたのでしょうか?

その目印(目標)となるものはどこですか?

「稼げるようになる」というのが目的なら、今年は副業で月に30万円稼ぐ

これが目標です。

目標は、あなたの目的のための道しるべなんですね。

ポイントは、目的がなければ目印(目標)はつけられないということ。

もし、目的がまっすぐ一本道の簡単なものなら、目印(目標)がなくても、目的まで到達できるかもしれません。だけど、目的が大きければ大きいほど、目印(目標)がないと、迷ったり間違えたりしてしまう危険性が高くなりますよね。

目標はあくまで、目的がある上でのものです。そして、目的は目標があるからこそたどり着きやすくなります。

目標はやっぱり必要?

ヨガのポーズをする人

ただ、目標をきちんと立てて、その目標に向かってしっかりと取り組むことが出来る人って、意外と少ないのでは?
私の周りを見ても、苦手な人の方が多いような気がします。

私もその一人で、基本的に縛られるのが嫌いなので、目標を立てて計画的に進めるということは苦手です。でも、ビジネスを始めて、周りの上手く行っている人を観察しているうちに気づいたんです。

中には、目標を無理に立てなくても、スムーズにどんどんうまく行って目的までたどり着ける人もいます。

先ほどから言っているように、目標は目的(ゴール)にたどり着くための過程であり、あくまで目印。なので人によっては目標は要らないかもしれない。

だけどそれは、既にほかのビジネスを成功させているような経験者だったりする少数派の人たちである場合が多いです。

しっかりとなるべく早く、迷わずに修正を重ねながら自分の目的を達成したいと思っているなら、やはり目標は必要だと思います。

特に自分でビジネスをやったことがない人や、チャレンジがはじめてのことについては、常に今いる場所を確認しながら、まずは目標(目印)を達成して、そして次の目標(目印)まで行くということを繰り返して、目的まで到達する。

このイメージをもって取り組むことが大切です。

新しいことにチャレンジする時

女性が飛行場で旅立つ

何か新しいことを始める時は、その新しいことにチャレンジしてそれが成就することが目的です。

成し遂げたいイメージを先にしっかりと持って、その通りになるためには、どうやって進めば良いかを考えることが大切。

たとえば、ネットという手段を使って自分の好きなことを仕事にしたいと思うんだったら、ネットから仕事が舞い込んでくるように、ブログを開設したり、集客の導線を造ったり、サービスをコンテンツ化したりと、1つ1つのクリアする目標を明らかにしてこなしていく必要があります。

ネットでビジネスをしたことがない人が、稼げるようになりたいといって何もクリアせずに稼げるようになることはほぼ不可能。

よく巷では、「○○だけで儲かる」とか「簡単に稼げる」というようなキャッチフレーズが溢れていますよね。
あれって、稼げたという事実は出来るかもしれないけど、稼ぐことができるようになることは出来ません。

「3か月後にネットで10万円稼ぎたい」という事実をつくるのだったら、目的まで一気に進むようなノウハウでもいいかもしれない。

だけど、「3か月後にネットで月10万円稼げるような人になりたい」というのが目的なら、その目的に達するまでにいくつもの目標があって、その目標をクリアしながら進んでいくのが確実で早い方法になります。

まとめます

女性が世界地図をみている

目標は、目的があってこそのもの。
目的は、目標を立てることで達成しやすい。

それは、大きければ大きいほど言える。

目的を明確にして、その目的の為に目標をおいていく。
目標は目的を達成するために必要な地点、目安となる印。

だから、目標を立てる方が目的は達成しやすい。

まだまだ半分!
改めて、自分の目的と次の目標をはっきりとさせて、2019年の後半戦も頑張りましょう!

Twitterの最新情報をチェックしよう!