上手くいく頑張りかたを知ろう! 「売れない」から「売れる」にシフトして、売り上げ100万の安定ビジネスの構築をサポート!!!

ブログやSNSでの顔出しや自己開示に抵抗のある人へ背中を押すね!

黒猫イラスト
ユヅ
こんな相談が来たよ~

ネットで活動するのに実名や実写真って要らないですよね?私、凄く抵抗があるんです・・・。

どう思う?

 

  • ネットで、自分のことをどう書いたり表現したらいいかわからない。
  • ネット上に自分を出すのは抵抗がある、怖い。

特に私のような40代の世代やそれ以上の年代の方は、ネットでの自己開示に抵抗感が強い人って多いように思います。

私も、フェイスブックを始めた頃は、元々、すごい人見知りで、自己開示なんて全く出来ないタイプだったので、その気持ちはよーく分かります。

巷では、ネットで起こった怖いニュースが頻繁に流れるので、怖いと思う気持ちも当然。

でも、怖い話を聞くから不安でやらない、ということで本当に良いのでしょうか?

今回は、私がWEBビジネスに15年以上携わってきた中で、ネットでの自分の露出や自己開示について、今、私の思うところをお話していきたいと思います。

何の目的で、メディアを使っているのか?

女性三人のミーティング

まず、先ほどのご相談の

「ネットでの実名や実写真って要らないですよね?」

という質問については、

ネットで何をしたいか?によると思います。

単純に、自分の好きなことや日常のあれこれをブログ書いたり、SNSで情報交換をするという程度なら、実名も実物写真も要らないだろうし、自己開示も敢えて考える必要もないです。

ルールを守って自分のやりたいようにやればいいだけ。

ただ、この質問をしてきてくれたということは、たぶん、ネットを使って、何か自分の活動や情報発信をたいと思っている人なはずです。

であるなら答えとしては、

実名や実写真は出せないのであればなくてもいい。
でも、問題がなければ出した方が良い

というのが私の意見です。

実名が出せない人もいますよね。

普段、WEBビジネスに取り組んでいる女性の方たちと話をしていると、「旦那さんには内緒でやっているんです」といわれる方って結構多いんです。

今の時代、SNSをビジネスの1つのツールとして使うのって普通のことだから、実名や顔出しをすれば、バレちゃう確率もグンと上がるはずです。

私自身は、WEBビジネスは、顔出しせず実名じゃなくても活動できるところが魅力の1つだと思ってもいるので、名前はビジネスネームにしたり、顔出ししないでイラストやアバターなどで個性を明確化できていれば、充分WEBビジネス活動出来ると思っています。

ただ、もし顔出しが出来るのなら、するに越したことはないということが前提です。

なぜかというと、自分の顔や名前を明示することで、相手に信頼してもらう距離がグンと短くなるからです。

自己開示は必要

女性がメモしている

それと、顔を出さないとか実名を明かさないということと、自己開示は別の話だと思っています。

自己開示は必要です。

普段の人間関係を考えてみて。

あなたは、自分のことをあまり話さない人に、自分のことをペラペラしゃべります?

しゃべらないですよね?

ネットでも同じです。いえそれ以上に、ネットは顔が見えない分、誰もが警戒心を持って交流しています。だから、ネットでの方が自己開示は意識した方が良いと思っています。

たとえば、

あなたは、その人がどんな経歴で、年代もわからず、
どんな考えをもっているか分からない人に、仕事を頼もうと思います?

頼まないですよね?

もし、ブログやFacebookなどのSNSの発信が、ビジネスの手段(ツール)の1つだと思うなら自己開示は必要になってくるはずなんです。

全てをさらけ出せ!っていってるわけではないです。
ただ、ビジネスは信頼してもらってはじめて成り立ちます。

人は、
「この商品なら、この人なら、大丈夫」
と思ってはじめて、購入するという行動の段階に移ります。

なので、その大丈夫だと思ってもらえる根拠となるもの、イコール(=)あなたという人が大丈夫な人であるかどうかを示す必要があるんです。

でも、それ以前の問題で、そもそも自己開示をすることへの抵抗感だったり、苦手意識がある人も多いんですよね。

私も以前はまさにそのタイプでした。


Facebookが日本に上陸した頃

珈琲を片手にスマホ

私が15年くらい前にネットでホームページを始めた頃は、もちろん顔出しをしませんでした。
というか、当時は、ネット上で顔出しするなんてありえない!という時代でした。

「オフ会に行く」と人に言えば、

「そんな怖い事よくするねー」と、とても勇気ある人だと思われました。笑

ただ、2008年に日本に入ってきた、はじめて「自分自身」を情報発信をするツール(SNS)だったFacebookは当時、今よりもかなり厳しくて実名・実写真は当たり前だったんですね。

Facebookで何かしらビジネス発信をしていくなら、「顔写真はきちんととるべきだよ」と教わったし、セミナー講師の方に写真館に連れていかれた経験もあります。笑

言われるがまま、メイクしてもらって、ポーズ作って、3万円使ってフェイスブック用のプロフィール写真を撮りました。

自分の知らないことを教えてもらう時は、とりあえずは素直に従うところが私の良いところ、でもあります。笑。

また、普段の投稿は、何をどう発信していいのかが最初は全くわかりませんでした。
たくさんの他人の目に触れるネットで、 自分の思っていることや意見を発言するなんてことは、恐くて全くできませんでした・・・・。汗

なので、私が最初にやっていたのは、有名人の格言を載せて、最後に「今日も一日頑張りましょう!」とかいうようなことを毎日UPしていたんです。それに、好きなものや場所なんかもUPして、それで、なんとなくSNSは楽しめていました。

ただ、そこにはビジネス要素はゼロなんですよね。
自分の情報発信というよりは、情報交換だけになってしまっていて、本来の私のSNS活用の目的とはかけはなれた状態になってしまっていました。

でも、それはそれで楽しいから、満足しちゃってたんです。

それが、「イヤイヤそれって違うんじゃない?」と思い始めたのは、やはり、真剣に私のフェイスブック活動はネットで仕事をすることなんだと自覚するようになってから。

はじめて自分の考えや思っていることを文章にして、SNSで発信した時は、とても勇気が要りました。

ブログだと、基本的に自分に共感してくれる人しか読まないから、恐いと思ったことはないんですけど、SNSはダイレクトに反応が返ってくるでしょ?そう思うとめっちゃビビっていました。笑

だけど、私の経験上、ブログもSNSも結局は同じなんです。

確かに、SNSだといろんな意見がその時は返ってくるかもしれません。
自分にとって心地よくない反応もあるかもしれない。

ただ、自分にとって嫌な反応って一時的なものなんです。

ネットって、良くも悪くも、すぐに友達になることも出来るし辞めることも出来るので、自分と違う感覚の人というのは、ちゃんと離れていってしまうんですよね。

基本的に、全員の人に、自分の意見を共感してもらうこと自体が無理なんだということを理解して、自分の情報発信に共感してくれる人をピックアップするんだという視点で行動すれば、自分の中の抵抗の壁は低くなると思うんです。

「エイッ!やっちゃえ!」みたいに一度行動してみると、意外と、あれ?というよな逆の嬉しい反応が貰えたりして・・・。

いかに自分自身のなかだけで、勝手に高い壁だと感じていたかが判ったりしますよ。

ぜひ、一度、チャレンジしてみてください☆

目的は信頼を得ること

真っ白な部屋とインテリア

ネットを使ってビジネスや情報発信をしていくためには

自分のことを知らない人に信頼をしてもらう

ことをまずしないことには先には進みません。

だから、信用を得るためには自己開示は必要だし大切です。

それが前提だと考えましょう。

もし苦手意識があるなら、少しづつステップアップでやってみてください。

自己開示の方法

パソコンと手紙

最初は、私のように、他人(著名人)の知恵や言葉を借りて発信してもいいと思います。

そうすれば、それに対して何かしらの反応があります。反応があれば面白く感じるし、コメントをすることで自分の思っていることを自然と伝え始めます。

それから少しづつ、自分の好きなことを発信していきます。

ネットの中での交流を深めていける人が何人か出来れば、その人はあなたと同じ想いを持っている人である可能性が高いですし、共感してくれる人がいるとわかれば、安心して徐々に発信力が高くなってくるようになります。

次に今度は、自分の考えを少しづつ簡単なことから発信してみます。
どうしてもネガティブな考えが浮かんでしまうかもしれないけど、やってみると意外と逆の、共感してくれるようなコメントがもらえたりするものなんです。

それを、何回かに1度の割合でも繰り返していけば、いつの間にか自然と慣れてきます。笑。
そして、自分の中での抵抗感が徐々に消えていきます。

それから、自分の仕事としての情報発信を意識していきます。

すこしづつで大丈夫。

階段を1つづのぼるような気持ちでチャレンジしてみて。

ネットで情報発信することって、基本、勇気のいることだと思うんです。

それはみーんな同じです。

だから、それをやった人が情報発信出来ている人になります。

案外、自分が想っているより壁は低いかもしれませんよ。いや、低いと思うよ。^^

飛び超えてみたら解ります^^

Twitterの最新情報をチェックしよう!