乳がんのしこりの特徴ってある?

しこり特徴ページのアイキャッチ

涼子ちゃん
乳がんのしこりって、他のしこりとくらべて何か特徴はあるの?

おきょう
もし、何かのきっかけで乳房にしこりを感じても、そのしこりのうち90%は良性のものだと言われてるの。9割はがんではないってことだね。
涼子ちゃん
じゃあ、おきょうちゃんは、残りの1割だったんだね・・・涙
おきょう
残念ながら・・・そう。
涼子ちゃん
じゃあ、他のものと比べて違う乳がんのしこりって特徴があるのかな?
目安になるものってあるのかな?

 

乳房に感じるしこりについて

 

右の乳房のイラストを
見てもらえるとわかりますが、
乳房は乳頭から放射線状に乳腺が広がっています。

しこりは、その乳腺にできる固まりのことで90%は、良性だと言われています。

なので、しこりを感じたとしても、必要以上に怖がることはないと思います。

良性のしこりの場合は、 乳腺症乳腺炎(にゅうせんえん)乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)などであることが多く、しこりの特徴としては、弾力があってコロコロ動くものが多いようです。

 

□ 補 足 □
乳腺症とは?

30~40歳代の女性に多くみられる乳腺の良性の変化のこと。
卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンというホルモンと関係していて、閉経後に卵巣機能が低下すると症状も解消される場合が多い。
月経前に増大して月経後に縮小します。
硬結したところは、痛む事が多くて、月経周期と連動していることも多い。
月経周期と連動するしこりや痛みについてはあまり心配する必要はないですが、月経周期に関係のないしこりに気付いたときは、病院に受診しましょう。

 

□ 補 足 □

乳腺炎(にゅうせんえん)とは。

出産して授乳をはじめたママがなることが多いのが乳腺炎。
片方のおっぱいが痛くなったり敏感になったりする感染症です。

 

□ 補 足 □

乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)とは

性成熟期の女性の乳房に発生する良性乳腺腫瘍のこと。
弾力のあるしこり。
未治療のままで閉経期を過ぎると自然退縮する場合がほとんど。

 

□ 補 足 □

乳腺葉状腫瘍とは

すべての腫瘍のうち0.5%くらいと言われている乳腺葉状腫瘍
良性から悪性に変化する場合もある腫瘍です。
30代~50代にかけて多い病気。
特徴は、腫瘍が大きくなるペースが早くて数か月で10センチになったりすることもあります。
乳がんは、乳腺管の上皮に発生しますが、この
乳腺葉状腫瘍は細胞が腫瘍化したもの。再発する率も高いのが特徴。

 

□ 補 足 □

嚢胞(のうほう)

乳管の中に水がたまって袋状になる症状のこと。
乳腺症の1つ。大きくなると注射で水を取り出します。
違うところにまた出来ると繰り返して出来ることも多い。
閉経した後の60代になるとほとんどなくなります。

 

 

乳がんのしこりの特徴は?

胸を大事にする女性画像

良性のしこりと比べ乳がんのしこりの場合は、コリコリとしていて硬いのが特徴だと言われています。

私の場合、最初家族に乳がんが二人もいるママ友から、

「乳がんだったら梅干しのタネのように硬いって言われているよ」

と言われました。

また、他のしこりに比べて動かないというのも特徴です。

 

もちろん、それだけで自分ですべてを判断するのは危険すぎます。
あくまで目安にしてくださいね。

 

私(おきょう)のしこりの特徴はどうだったか?

女性が夕日を見る画像

私の場合、何かしこりを感じつつ放置してしまっていたので、病院に行こうと思った時には、かなりはっきりとしこりを感じました。

乳がんの特徴は、

「触った時に硬くて動かないんだよー」

と言われて恐る恐る確認してみたらその通りだったので、そこからビビり始めたというのが正直なところです。汗

他と比べるということが出来ないので自信暗鬼ではありましたけど、感覚として弾力があるという感じではなかったし、ココロの中で「動いてー」って思っていましたけど、動きませんでしたね。苦笑

 

自分で判断するのは危険

落ち込む女性の画像

「これなら大丈夫」なんていう基準なんてありません。

しこりが良性であっても悪性であっても、どちらにせよ病院で受診することが一番です。

経験からいうと、自分でしこりを触ってみて「ガンかもしれない」と思ったときから、ココロの中では一生懸命、不安感を取り除こうとあれこれ考えましたが、あくまで勝手な自己判断なので意味がないんですよね。

逆だったとして、たとえ、しこりに弾力を感じていたとしていたとしても、不安感が無くなるということはなかったと思います。

結局のところ、自分が乳がんに対して専門家でない以上、どちらにしても不安感は消えないんです。
何か疑わしいと思ったときは、専門家(医師)に判断をゆだねるというのが一番です。

 

そして、乳がんは早く判れば決して恐いものではないと思います。

 

自分で判断したりあれこれ考えすぎて悩んだりしないで、気になったらすぐに病院に受診してくださいね!