シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目標と目的の違いって知っていますか?意外と知らない目標について

京香です☆

2018年も、はや10日経ちました。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
あなたはどんな年初めをお過ごしでしたか?

2018年の目標はもう立てました?

ところで、もう今年の目標はもう立てましたか?

「今年は頑張るぞ!」

と思いながら、自分なりの目標を立てた人も多いと思います。

では、その目標、
あなたにとって、ちゃんと「2018年の目標」になっているでしょうか?

たとえば、

『今年は、勤めている会社をやめる』

『今年はちゃんと稼げるようになる』

『私らしくマイペースでも頑張る』

こんな感じの目標を立てていませんか?

もし、そうであれば、それは目標というよりは目的だったりするかもしれません。

普通、「目的を立てる!」とは言いませんよね^^

目的と目標の違い

目的も目標も、目指すという意味においては同じなんですが、目的は行先のことを言い、目標はその過程の目印の意味合いがあります。

成功している人は、この目的と目標をきちっと区別出来て、設定することができています。

【目的とは】

目的は見たいものであり、ひとつ。
目指したいゴールであって、抽象的なもの。
目的を目指すために、いくつもの目標(目印)がある。
目的を達成するなら、いくつかの目標を達成していく必要があります。

【目標とは】

目的を達成するための目印。 目指すべき行動やその道筋を示したもの。
クリアする目標はひとつとは限らないし、途中で目的に向かう道筋が枝分かれする事も変更もあります。
具体的なもの。

です。

ここで質問です。

『では、そもそもあなたの目的ってなんですか?そこをしっかりと自分の中で、落とし込んで目標が立てられていますか?』

例えば先ほどの例でいうと、

『今年こそ稼げるようになる』だと、「稼げるようになる」というのはあなたの目的ですよね?

その為にどんな道筋で行こうときめたのでしょうか?

その目印(目標)となるものはどこですか?

「稼げるようになる」というのが目的なのであれば、

今年は副業で月に100万円稼ぐ

となれば、これが目標です。

目標は、あなたの目的のための道しるべです。

目的がなければ、目印(目標)はつけられません

また、目的がまっすぐ一本道の簡単なものであれば
目印(目標)がなくても、目的まで到達できるかもしれませんが、
そうでなければ、目印(目標)がないと
迷ったり、間違えたりしてしまいます。

目的があった上での目標だし、
目標があるからこそたどり着きやすくなる目的です。

目標はたてるべき?

じゃあ、そもそも目標って立てなくちゃいけないものなんでしょうか?

私なんかは、ものすごく自由主義な人間なので、
目標を立てるということだけで
何か縛るような気がして、ずっと毛嫌いして避けていた時期があります。

でも、スムーズに上手く行く人を見ているうちに気付いたんですよね。

先ほどから言っているように、
目標は、目的(ゴール)にたどり着くための過程であり目印。

目印(目標)がなくても、目的地までスッといける人もいます。

あなたが、そういうタイプなのであれば、
目標(目印)は要らないかもしれません。

でも、しっかりとなるべく早く、迷わず間違えずに修正を重ねながら、自分の目的を達成したいと思っているなら、やはり目標は必要だと思います。

特に自分でビジネスをやったことがない人や、チャレンジがはじめてのことは、常に確認しながら、修正しながらを繰り返して、まずは目標(目印)まで到達し、そして次の目標(目印)まで行って・・・

という道筋をつくって進んでいくことで確実に、たどり着くはずです。

何か新しいことを始める時、
チャレンジする時って、
どうしても、技(スキルとかノウハウ)の方が気になります。

『この人はどうやって稼いでいるんだろう・・・』

『どんなやり方をすれば、上手く行くんだろう・・・』

もちろん、手段は大切です。

でもね、実はそれよりもずっとずっと大切なものがあります。

それは、

あなたを整えること

です。

そう、マインドの方が絶対的に大切。

まずはそちらに時間も投資もかけるべき。

見えないものだし、
わかりづらいことなので、
その部分に気づくことが最初は難しいことかもしれません。

2018年、素敵な1年が始まりました!

あなたの目的は何ですか?

あなたの目的を達するまでに必要な目標は何でしょうか?

ここにじっくりと時間をかけることって
とても有意義なことだと思います^^。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする