シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稼ぎたくて一生懸命学んでいるあなたへ

「地頭力」

コレ、なんて読むと思います?^^

本屋さんに行くと、必ず私の目に飛び込んでくる漫画があったんですね。

漫画と言っても、漫画コーナーにおいてあるものではなくて、
最近は「7つの習慣」などのビジネスや自己啓発系のものでも、
わかりやすく漫画スタイルにして書かれてある本がたくさんあるんです。

ビジネスや自己啓発系のものって、手に取って中身をチラッと見ただけでも、なんだか知らないワードが太くんさん並んでいるイメージで、それだけでもう読む気が無くなり、さらに、自分の知識不足を目の当たりにされているような気までしてきません?(苦笑)

(って、そんないじけた言い訳考えるの私くらい?(苦笑))

ま、それは置いておいて、

その話題本やビジネスコーナーに行くと、いつも目に飛び込んできたのが
この「地頭力を鍛える」という漫画本だったんですけど、

「地頭力???」

って聞いたこともない、意味も分からないワードで、
それが気になりつつも、難しそうなんでスルーをずっとしていたんです。

でも、ふとこの日は手に取り、
TSUTAYAカフェで読んでみようと思ったわけです^^。

ちなみに、最初の質問ですが、

「地頭力」って

私は「じとうりょく」と読むんだと思っていました。

でも、「じあたまりょく」と読むんだそうです。

「え--っ、そうなの?」とこれが一番驚きました。笑

(って、これも私だけだったりしたらどうしよう(苦笑))

地頭力って?

その地頭力ってどういう意味かというと、
ちゃんとした定義というのはむずかしいんですが、
わかりやすいイメージでいうと

「知識がなくても自分の頭で回答にいたる筋道を考えていける人」
大前研一氏

って感じでしょうか。

手に取った本、「地頭力を鍛える」という漫画の主人公は、
仕事に意欲もあるし本当は出来るのに、
完璧をいつももとめて、自分が人前に出せるのに時間がかかって
結局、仕事としては遅くなり成果が出ないという女性。

自分の中で「これで大丈夫!」と思えないと次の行動が起こせない。

上司に「企画書出して」と言われて一生懸命考えるんだけど、考えすぎて、遅れを取ってしまう繰り返し。

結局、結果が出せず、窓際族と言われるような部署に異動になってしまうんですね。

絶望を感じてた時に、社長から全社員に向けて、ある課題が出される。

「これに取り組めばチャンスかもしれない」

と思った主人公は、データを必死であつめて数日後に社長に持っていくんです。

すると社長に

「あー、あれは10分で、○○くんが持ってきたからもういいよ。」

と門前払いされちゃう。

その課題は、分析やデータ揃えるのに10分なんかで出来るようなものじゃないのに
どうしてそんなことが出来るの??!!!

というところから、その○○くんに[「地頭力」のことを聞き、主人公自身も「地頭力」というものを身に着けていく・・・。

と、このような感じで進んでいくストーリー展開なんですが、
私もまさにこの主人公のような行動をとっていました。

そして、自分でそのことに全く気付いていなかったです。。

今ある知識で、まずは前に進めていく

あなたも、主人公と同じく、自分の中で「これなら人に見せても大丈夫」と思えないと外には出せなかったりしていませんか?

私にも、100点を目指そうとする悪い癖がありました。

漫画の中でも書いてありますが、進める時は6割できたらまずは行動を起こす。そして、修正を重ねていく方が結果は断然早く出ます。

たとえば、かつての私の場合でいえば、アフィリエイトというWEBビジネスに取り組んでいる時は、まずは、月収○○万円!という結果を出さないと、次のステップへ行けないと思い込んでいたので、ひたすら結果を出すために、ブログの記事を書き続けたり、作業を積み重ねていました。

私と同じように、女性って特にやることがはっきりと分かったり決まったりすることについてはコツコツ出来る人って多いと思います。

そして、そのコツコツ頑張っている自分に満足して「私、頑張れてる」って思っている。

だけど、そこには落とし穴があるんですよね。

どんなに学んでも稼げないんです。

インプットしている方が断然楽

何かを始める時に、まずはみんな一生懸命学ぼうとします

何か資格を取ってから出ないと、経験や知識をちゃんといれてからでないと、お客様からお金を頂く権利はないと思っていたりします。

なので、必死でインプットします。

でも実は、インプットしている方が楽だから学ぶことを繰り返していたりしていませんか?

目的は「稼ぐ」ことなのに、学んだ次にとるべき行動が見えなかったり、自信がなくて、稼ぐための行動が起こせない。

なので、もっと学ばないと・・と思ってインプットを重ねる・・。

どこか思い当たることがあれば、稼げないループに嵌っているかもしれません。

成功している人は

成功している人は、とにかく行動を起こします。

今持っている自分で、まずは行動を起こしていきます。
最初は、ゴールのたった20%でも良い。

それでも、ビジネスとして自分の行動をどんどんとっていく人。

短いサイクルで、小さな結果を出して修正して、また結果を出して修正して・・・を繰り返すので、圧倒的な速さで成長して行くんです。

「稼げるようになるために、まずは学んで・・・」

なんて考えている時点で、すでに取り残されてしまっているんですよね。

今持っているもので、まずはカタチにするというところから始めてみてくださいね。

「そのカタチにするのがわからない!」という方は、
ご相談にのりますので気軽にお声かけください。^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さっち より:

    京香さん、地頭力・・そうなんですね。
    まず行動してみる・・成功者はそうですよね・・
    20%でもやってみる。
    失敗じゃなくて経験
    経験という武器を増やすだけ・・

    地頭力強くしたいです。

    • kyouka より:

      さっちさん、こんにちは。
      これ、気付いているようでちゃんとわかってなかったような気がして
      この本を読んですごくよくわかりました。
      さすが、漫画!笑

      時間があればぜひ読んでみてください☆彡