シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログや記事を書くときはワードよりテキストエディタを活用しよう

ブログや記事を書く時に、意外と初心者さんに多く聞かれる意見として、下書き用で使っているツールを「Word(ワード)を使って書いています」という話をよく聞きます。

「なぜ、Wordを使うの?」

と思ってしまうのですが、聞いていると意外に『テキストエディタ』という存在を知らないまま『ワード』を利用している人が多く、また、人って、一度それに慣れてしまうと、「こっちの方がおススメだよ」と言われても、それが今使っているものよりどれほど良いものなのかということがわからないと、新しいものを習得しようという行動になかなかいけなかったりしますよね。

なので今回は、ブログやWEBで記事を書くときのツールとして、

なぜ、ワードではなくキストエディタを使う方が良いのか?

について見ていきたいと思います。

この記事を読んだら、ぜひ、あなたのWEBビジネス用のツールとして、何か1つ自分のお気に入りのテキストエディタを見つけて、ぜひ、テキストエディタを活用していってもらえたらと思います。^^

テキストエディタとワードの違い

それではまず、テキストエディタとワードについてそれぞれの特徴を見ていきます。

ワードとは

ワード(Word)とは、マイクロソフト社が提供している文章を作成する(ワープロ)のソフトウエアの1つ。

文章や資料を作成するためのツールとして、Windowsのパソコンユーザーであれば、購入時に標準でPCにインストールされている場合もあるので、多くの人が利用しています。

文章を見やすく整理出来たり、文字を装飾したり、グラフや画像を挿入出来たりと多機能な文章や資料作成ツールです。

テキストエディタとは

テキストエディタとは、文字(テキスト)のみのファイルを使って、文章のみを作成したり編集したりしていくツール・ソフトのことを言います。

Windows(ウインドウズ)であれば、『メモ帳』というテキストエディタが、標準で最初からインストールされています。
Macであれば、『テキストエディット』というものがあります。

テキストエディタはあくまで、テキスト(文字)のための専用ツールになります。

ワードとテキストエディタどちらがいいの?

では、なぜ、記事やブログの下書き用としてワードはお勧めせず、テキストエディタを使った方が良いのか?ということについてみていきたいと思います。

ただ、ここではあくまで、文章を書くという視点において、テキストエディタをお勧めしています。

資料を作成したり、レイアウトなどの加工までを必要とするものであれば、もちろん、ワードのようなワープロソフトの方が適しています。

このように、今、自分が作業している目的によって、ツールを使い分けることが出来るようになると、PCの作業効率自体もグンと上がってきますよ。^^

テキストエディタをおススメする理由

1:テキスト形式で保存されるから

まず、作った文章を保存するときのファイルというものには、形式が2つあるんですね。
テキスト形式とバイナリ形式です。

テキストエディタで作られたファイルは、すべてテキスト形式(.txt)で保存されます。なので、そのファイルはいかなる環境においてもそのまま読み込むことが出来ます。

ワードの場合は、ワードの書式自体まで保存されてしまったり、うっかり文字の大きさを変えたり装飾することでバイナリ形式で保存されたりして、ブログにUPするときに文字化けしたりする可能性があります。

2:ファイルサイズが小さい

ワードで書くよりもキストエディタで書いたファイルのほうが、ファイルのサイズが小さくなります。

3:ソフト自体軽い

ワードよりも、テキストエディタのほうがソフト自体軽いので動作が早いですし、立ち上がりもスムーズです。

文章作成という目的において、ソフトがスムーズに起動したり使えるということは、作業する上でのストレスも減りますし、使い勝手が良いということになります。

4:テキスト入力専用ソフトなので集中できる

文章を作成しているという作業に特化したのがテキストエディタなので、余計な機能がない分、文字入力に集中しやすくなります。

ワードなどのワープロソフトで書いていると、レイアウトが気になったり、装飾したくなったりしてしまうことってありませんか?

記事を書くということに集中して出来るのも、作業効率という面から見ても私は良いなと思っています。

おすすめのテキストエディタ

それでは、次におススメするテキストエディタを見ていきます。

Windowsユーザーなら、やはり『メモ帳』をすぐにイメージされる人も多いと思います。

『メモ帳』も立派なテキストエディタですが、私たちはWEBでブログを書いたり、記事を書いたりして情報発信をしているのですから、専門の者として、より自分にとって使いやすいツールとしてお気に入りのテキストエディタを1つは持っていたいものですよね。

テキストエディタ自体、文章作成のみに特化したものなので、機能もそんなに難しいものはではないので、数稽古で直に使い慣れることが出来るはずです。

人気があり、使い勝手の良いテキストエディタをいくつかご紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

<TeraPad(テラパッド)>

基本、私はこのTeraPadを使っています。

こちらからダウンロードできます。
Tera Pad ・・・http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/terapad/

動作が軽くシンプルなので、使っていて使いやすいと私は感じています。

HTMLなどのプログラミングにも対応出来る。
行番号が付いていて、最初に一行の文字数を設定しておくことで、自分がどのくらいの文字数を書いているかが分かりやすい。
折り返し機能や、間違っても元に戻せる機能など、メモ帳にはない便利な機能もたくさんあります。

<NotePad++>

こちらからダウンロードできます。
NotePad++ ・・・http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/notepadplus/

こちらは、海外で人気のテキストエディタ。
日本語対応も出来ています。

こちらも軽くて早いのが特徴です。

<サクラエディタ>

こちらからダウンロードできます。
サクラエディタ・・・ http://sakura-editor.sourceforge.net/index.html.ja

人気があるのがこのサクラエディタ。

かなり以前からあるテキストエディタです。
拡張機能が良いので使っている人も多いようです。

文字列の置換や検索が、ショートカットキーも同じように使えるのが便利。

<TeraEditor>

こちらからダウンロードできます。
TeraEditor ・・・http://www.vector.co.jp/soft/winnt/writing/se216104.html

こちらもシンプルで使いやすいエディタです。

検索バーが常に表示されていたり、文字の変換機能が豊富だったり、文章やプログラミングまで使いやすいエディタです。

フリーのソフトばかりを4つピックアップしてみました・^^

文章を作成する作業1つにしても、人によって色んなやり方や癖もあります。
自分が使いやすいツールをぜひ、見つけてみてくださいね。