乳がん手術後のブラジャーや下着の選び方ってどうすればいい?

ブラジャーの選び方のアイキャッチ画像

乳がん手術をした後のブラジャーってどんなものを選べばいいのか、ブラ選びのコツをお伝えします。

この記事は、管理人おきょうの乳がんで経験して、ワタシ自身が素直に感じたことをそのまま体験したことを基に綴っています。
人によっては、捉え方や考え方に相違があるかもしれません。ご了承お願いします。
不快に感じた場合は、どうぞ速やかに退出くださいね。

 

乳がんの手術をすることが決まって、入院の準備をしている時に悩んだのがブラジャー選びでした。

それまでは私もオンナなので(笑)、普通にワイヤー入りのデザイン重視でブラジャーを選んでいたんですけど、さすがの私も手術後に、いつも使っているブラジャーが使えるとは思えなかったからです。

ブラジャーや下着って、毎日一日中肌に触れているものだし、治療中ともなると、体調が悪い日が多かったり、病院などで着脱する機会も多いので、やはり出来るだけ自分にとって心地よいものを身に着けるという視点で選ぶのがベストだと思います。

私は、これだけ大きな病気になったということは、「自分を大切にしてなかった、もっと大切にしなさいよ』というメッセージだとも受け取っています。しあわせを感じる女性イラスト

だから今後は、出来るだけ何事も、これからは自分にとって心地よいものを選ぶという選択をしながら生きていこうと思っています^^

 

 

乳がん患者にとってのブラジャーの役割

ブラジャーの画像

乳がんの手術をすると、やはりしばらくはいろんな意味で痛みや違和感がしばらく続きます。><

また、手術によって乳房の大きさや形は変化するので、外見的にも、ブラジャーやパッドは補正という意味でもなくてはならないものになりますね。

回復するにつれて生活での行動もどんどん元に戻ってはきます。その回復に合わせて、ブラジャーも変えていけば良いと感じています。

私は普段、大雑把であわてんぼうな性格なので、すぐに、家の中の扉や角に身体を当ててしまう事も多いんですね。

その時に、シリコンや保護性のあるブラジャーを付けていて、「助かった!」と思うことがしょっちゅうあります。
着けてなかったら、たぶん。。めっちゃ痛かったはずです。笑

乳がんになる前は、家に居る時はブラジャーをつけないままでいることが多かったんですけど、今は常に身に着けるようになりました。

ブラジャーは、今では、病気になる前以上に大切なアイテムになりました。

 

どんな手術をするかによって選び方も変わる

女性が辛くて寝ている画像

身に着けるブラジャーも、どんな手術になるのかによって、いつごろ、こんなブラにするのがいいか、などが少しづつ変わってきます。

温存手術の場合

私は温存手術でしたが、胸のボリュームでいうと半分くらい減ったって感じです。
元々、胸は小さいといわれるタイプではなかったので、手術後もそれなりにあるという感じなんですけど(笑)、今後、感覚が元に戻って乳がん発覚前につけていたブラジャーを付けるとなると、シリコンパッドが必要だなと感じています。

胸のボリュームによって、変わってくるとは思いますが大丈夫ですよ!

外見は、ブラジャーとパッドで全く問題がないです。

 

リンパ節の手術をした場合

リンパ節などの転移で、脇の下を切除した場合などは特に、ワイヤーブラはしばらく辛いだろうと思います。

胸よりもリンパ節の方が、腕や肩に近いのでよく動かすということもあって負担も大きいからか、私はズキズキ感が長かったです。

この記事を書いている時は、手術後、4か月目といったあたりですが、元のワイヤー入りのブラを付ける気には、まだまだなっていません。

左胸(手術したのは右)と同じような感覚に戻ったら、またオシャレで総レースのようなカッコよくて可愛いブラを付けたいなと思っています。^^

 

治療に合わせたブラジャーや下着選び

かわいいお家のイメージ画像

入院している時や術後すぐ

入院中や術後間もないときは、やはり脱着しやすいものを一番に選ぶのが良いと思います。

入院中は、病室に先生が往診に来て診てもらうことが多いですが、いつ来られるか分からないので、即対応しなくちゃいけないので、やはり前開きのタイプのものが便利でした。

退院しても通院も続きますし、放射線治療をする場合は、毎回、たった数分の治療に、下着の脱着をしないといけないので、前開きのブラは持っているととても便利です。

特に手術後すぐは、ワイヤーなしのものであっても、伸縮性のあるものだでも、少し辛いと思います。
コットンでやさしく覆うようなタイプものもをおすすめします。

 

乳がん治療中

乳がんの場合、治療は長期間になってきますよね。

抗がん剤治療の場合は、診察がなければ、点滴なので洋服を脱ぐというようなことはないです。

放射線治療は、胸に放射線をあてる治療なので、ブラジャーは出来るだけ脱着しやすいものを選ぶと楽ですね。

私は、買ったものとしては、この治療流はずっと、手術後すぐに使っていた専用前開きブラが大いに役立ちました。

 

回復に合わせたブラジャー選び

空に向かってかわいいマーガレット

乳がんになった以上、治療は長いお付き合いになります。

胸って、女性にとってはとても大切です。

私はオシャレが大好きなので、やはり見た目も気になりました。気付いた女性のイラスト
だけど、そういった心配は無用だったようです。

自分の状態に合わせてのブラジャーはたくさんあるし、自分にあったものが選べます。

 

  • 手術後は、なるべく、胸に圧迫感を感じないものを選ぶ。
  • 治療中・術後しばらくは、付けていて負担に感じないものを選ぶ
  • 今の自分の状態に合わせてやさしいものを選ぶ

 

これを基本にブラジャーは選んでいます。