40代の女性に向けた、WEBを使ってゼロから自分の自立✖自信✖人生を創る『ワタシヲツクル』

スルーしがちなパーマリンクは最初に理解しておかないと後が大変だよ

ワードプレスでブログを運営し始めた時に、意外にスルーしてしまっていて、後で気づいて、「うわ・・っ、知りませんでした」で慌てて修正することが多いのが、パーマリンクの設定です。

京香の吹き出し画像
Kyouka
私のブログスクールに入ってきた人の中にも、このパーマリンクをちゃんと理解せずに、ワードプレスのブログ記事を更新していた人が意外に多くて、やり直しで大変そうなのよね。
黒猫イラスト
ゆづ
えっ?なにソレーー??ユズもしらん・・・・!!
京香の吹き出し画像
Kyouka
知らなくて普通というか、ブログをはじめたときからパーマリンクを気にしている人の方が少ないと思うから仕方がないんだけど、後で、それまでの記事のやり直し作業しなくちゃいけなくなるから面倒なんだよね。

パーマリンクって言ってしまえばブログURLのこと。

ワードプレスを始めた頃はというと、みんなそこまで気が回らないというか、まずは記事を更新することに精いっぱいで、ちょっとした設定のことまで目に行かないものなんですよね。

だけどこのパーマリンク。URLだけあって大事なんです。

実が最初からきちんと設定しておくことが大切で、後で修正が出来ないわけじゃないだけど、面倒だったり、リスクがあったりするから、ワードプレス初心者さんにはぜひ最初に知って理解しておいてほしいことの1つ。

今回は、そのパーマリンクについてと、最初からやっておきたい設定の方法についてお伝えします!

では、Let’s Go!



パーマリンクって?

先ほども言いましたが、パーマリンクとは

ブログURLの末尾の部分 

のことを言います。

URLというのは、インターネット上での住所のようなものだと捉えてください。
ブログを開設するときには、必ずあなたのブログのURLというものが出来ます。

たとえば、このブログのメインのURLは

https://kyoukastyle.jp

です。

そして、このブログの1記事であるまさに今、あなたが読んでくれているこのページのURLは、

スルーしがちなパーマリンクは最初に理解しておかないと後が大変だよ

です。^^

ではここで、私のワードプレスの管理画面から、この記事を投稿するための画面に行ってみます。(☟)

投稿の右側を見てみてください。
赤線の部分、記事を書くときにデフォルトで設定されているこのページのURL(パーマリンク)になります。


デフォルトのパーマリンク

ワードプレスでは、パーマリンクのデフォルトは、

https://imposinglife.com/日本語・・・・

になっています。
(初期設定によっては異なるものだったりします)

これは、

https://トップレベルドメイン/日本語表記

という数式です。

デフォルトとは?
わかりやすく一言で言うと「初期設定値」。
ソフトなどをインストールしたときに、最初にあらかじめ設定されているもののことを言います。
 

トップレベルドメインとは?
ブログを運営する時に取得するURL(ドメイン)の最後に世界共通の
.com .jp .info .biz のような文字列のついたもののことをいいます。
<例> imposinglife.com

 

たとえば、よく見かけるパーマリンクの例として
https://imposinglife.com/?p=123
のような簡単な数式のものがあったります。

そのURLを見たときに、短いURLではあるけれど、この「?」と「数字」では、どんな記事なのかは全くイメージが湧かないですよね。


適切なブログのURLって?

ブログのURLって、どんなものが良いのかというと、やはり見てわかりやすいものなんです。

京香の吹き出し画像
Kyouka
わかりやすいっていうのは、万物、万事、共通の求められることで、ビジネスをする時にはとても大事だよー。

たとえば、
http://imposinglife.com/parmlink



https://imposinglife.com/?p=123

どっちがわかりやすいです?

殆どの人は、根拠のない数字や記号が並んでいるものより、記事内容のキーワードの方が見やすいし分かりやすいと思います。

これは、人だけでなく検索エンジンもそう判断するんです。
(検索エンジンを開発したのは人間だからね。笑)

ということなんです。^^


ブログの記事を書くときのその記事のURLは、パーマリンクで、記事を説明するようなキーワードを含めたもの英文字に設定する癖をつけましょう。


それと、出来るだけURL短くする
っていうのも覚えておいて下さい。

Googleさんのガイドラインにちゃーんと明記されています。(☟)

ね?できるだけシンプルなURLにしなさいと仰せですよね。

短くてシンプルそして分かりやすいを心がけていきましょー。


パーマリンクの設定をカスタマイズする

では、まずデフォルトで設定されているパーマリンクの設定を変更していきましょう。

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)を開いて、

設定 → パーマリンク設定 を選択。

右側の選択項目から「投稿名」を選んでください。

出来たら、下の「変更を保存」をクリックしてくださいね。

そして、記事の投稿画面に行ってみましょう!

記事タイトルのところにカーソルを置いて、マウスで左クリックをします。
すると、下の画像のようにURLが表記されます。

日本語表記のURLになっていて、その横に「編集」というボタンが出現されます。
その編集ボタンをクリック。

そこで、自分の記事にあった適切なURL名を考えてパーマリンクを設定していきます。

日本語URLについて
日本語を使ったURLにすると、検索結果に日本語で表示されるというメリットがある反面、そのURLをSNSでシェアした際に、日本語が変更されて訳の分からない文字列がズラズラと長く並んだURLになってしまいます。
たとえば、こんな感じ”(-“”-)”
日本語URL画像なんだか、わかりにくいし怪しいですよね?
クリックもされづらくなる・・・なので、日本語URLは使わないで英文字で書き直してくださいね。
 

パーマリンクは後で変更はしない

珈琲とブルーのノートイメージ

このパーマリンクは記事を一度公開したら、後から変更するのは出来るだけやめましょう。

なぜかというと、

索エンジンがその記事自体をリセットしちゃう!

でもって、

他のリンクと無効になっちゃう!

からです。

コレ、かなりイタイよ・・・・。汗

検索エンジンがその記事自体をリセットしちゃう!

パーマリンク(URL)が変わると、検索エンジンはその記事の評価をゼロにもどしちゃうんです。リセットされてしまします。

もし、順位がそれなりにあったら・・・・?
当然、検索順位もアクセスも下がってしまいます。もったいない!


他のリンクと無効になっちゃう!

パーマリンクを変更するということは、URLが変わるということなので、その記事と他の記事をリンクしていたり(内部リンク)、自分のブログ以外のリンク(外部リンク)もしていても無効になっちゃいます

これ、意外と落とし穴というか気づかないことも多くて、知らずにただURLを治すだけだと、ブログ内のリンクが切れているURLがいっぱい貼ってある・・・という状態になり、ブログの評価も落ちかねません。

内部リンクと外部リンク
自分のブログのある記事に、他の自分の記事のリンクを貼ることを「内部リンク」と言います。
また、他の人のブログから、自分のブログの記事を貼ってもらうことを「外部リンク」と言います。
内部リンクと外部リンクは、SEO的にも大事だと言われています。

 

コレ、キツーイですよね・・・。

良くなると思って修正かけているのに、その修正をしたことで別のところで不具合をたくさん起こしてる・・・・そんな事態になってしまいかねません。

なので、最初から知っておくべき知識なんです。
ま、普通は、特に誰かが教えてくれるってもんでもないので、知らなくて当たり前なんですけどね。
ただ、後で知ったら、「えーー、しまった!全部見直しやん!」状態になっちゃうんですよね・・・。涙

黒猫イラスト
ユズ
そやけど、知らずにもうたくさんの記事書いてるで、という人もきっと多いと思うけど・・。

そうだよね・・・そんな人のために救済策をお伝えします。

それは

リダイレクト処理です。

リダイレクト処理のやり方についてはこちらの記事を参照にしてくださいね(追って更新します^^しばしお待ちを・・・)

まとめます

女性がPC前で考えている

パーマリンクって実は大事です。

そのページごとのURLを決めるってことです。

URLを決めるってことは、ネット上での居場所をきちんと設定して宣言することだともいえます。

後から気安く変更しても、すべてが都合よく書き換わるのかと言えばそうではなく、リセットされたり、リンクが外れてしまったり、変えたよっていう事を言わなくちゃいけなかったり、ネットでも必要なんです。

ま、普通に考えたら、変更すれば、もろもろ手間が必要なのは、私たちの普段の生活、たとえば、引っ越しとかイメージすれば当然の事なんでしょうけど、それがわかりづらいのがネットの世界なんですよね・・・・・。( `ー´)ノ

だからこそ、最初から知ってやっておきたい基礎知識の1つです。

それでは今日はここまで☆

Have a nice day!!!

Twitterの最新情報をチェックしよう!